fc2ブログ

意味がある

人は食べ物を選ぶ時
イメージを優先するようだ。
例えばお弁当を買おうと
お店に出向く。




健康的なもの、あっさりしたもの、
を買いたいイメージがある。


それなのに


実際に目がいくのは
食欲をそそる色や
食感を想像させるもの
パリッとしてたりジューシーだったり
味付けが凝っていそうなもの。


とうしてだろう


太古の昔なら、
ヒトは
見た通りの食物になるものを採取して、
それらは
あるがままの食物であり、
得たいであろう栄養素の入ったものを
見た目が表していたに違いない。


(えらくまどろっこしい表現やなぁ、
でも、続ける)


現代は、
見えているものは
「そう見せようと作られたもの」
であることが多い。
別に食べた人を騙してやろうなんて悪意が先に立ってるわけじゃない品物たち
1番には商品であるから
売れないことには話にならない。
となると、
目がいく、手に取る
という行動につながるものを並べたくなるじゃないか


健康的なことよりも
売れる目的で作られたものは、
たまに口にするには楽しいけれど
毎日食べ続けるのは
私は怖い。
目に見えない小さなリスクが積み重なることが怖い。
ヒトが、
あ、美味しい
と単純に感じるのは
砂糖や多すぎる油脂を使ったものが多いから。
(両方、腸内環境を悪化させる原因のひとつ)


それらは、
本来、
ヒトが手を加えていない状態であれば
甘いものや赤や黄色に色づいた木ノ実などというように、
綺麗に目につくようになったら
食べ頃だよというサイン。
自然界で口にできる甘味であるそれらから、
例えばビタミン類ミネラル類が補給できる。
油脂は、現代では浴びるほどの量を簡単に手に入れやすいが、
自然界で食に取り入れるとしたら、
ナッツや木ノ実、肉や魚に含まれているもの、などであり、一度に多くは摂れないはずのもの。しかし、効率の良いエネルギー源でもあり、なかなか摂れないのに大事なもの。
自然界で
身体にとても重要で必要なのに手に入れづらいもの、甘いもの、油脂
それらを私たちは、本能で
取り込もうとするのだと思う。
取り込むことは正しいけれど、
悲しいかな 現代の
商品化されているそれらの「美味しそう」
と、「得たい栄養素」は
必ずしも直結しているとは限らない、
っっっというより
得たい栄養素がほぼ 無い こともある。
口に入れた時だけ美味しいかな と感じて、消化させても栄養不足なものが そこにもここにも、たくさんあるよ。
ヒトの、選ぶにあたっての行動をわかっていると、
そもそも、ここに自分の得たいものがあるのか
というところから考えた方が良さそうだ。
心底から、身体に、地球にやさしいものの生産をしてくださってる人たちが増えてきている。
できれば、そこから購入して、
自身で調理できると、
美味しく「見せる」だけでない、
ちゃんと「栄養が摂れる」食で
体を作れるなぁ。


私がおうちご飯を作る時、
砂糖を使わないことに意味がある。
油脂を最小限に
しかも使うなら本当に良いものを選んでいる
ことにも、意味がある。
一口めの口当たりが良いことや見栄えだけが良いこと は、
不要。
身体が大切だから。
食べてくれる人たちのことが大切だから。
そして、本物が普通になって欲しいから。


なんだかなー
何か伝わったかなあ
ぴこ ♪ ぴこ ♪  ぴこまち (*^ー^)ノ♪ 











スポンサーサイト



web拍手 by FC2 FC2 Blog Ranking

「選ぶ」の反対

エコな商品や
身体に良いものなど
とても良いものが
よりどりみどりの昨今だけど、
だけど
だけど、


おすすめされても
買わないことの方が多い理由は、
私が
そもそも
「使わない」からです。
使わなくて済むようになったものがいっぱいあるよ
なくても困らないものが増えてきた
無い方が快適でさえあるものは、
購入しようとはぉわなくなった
世の中から、もし今
消えても全然平気。
いや、
もし消えたら、
地球環境が劇的に良くなりそうな予感
それらはなぁに?
ぴこ ♪ ぴこ ♪  ぴこまち (*^ー^)ノ♪ 

web拍手 by FC2 FC2 Blog Ranking

有りものごはん

日々の食事は
今、うちに有る物、で 作れるのが
いちばんいいな。
短時間で、栄養も心も満たせる食が理想。
家庭での食事の準備は、
材料の調達からゴミ出しまで、
全部繋がっている。
余らせることなく
うまく使い切れるように
次の食事の準備に続いていく。
また、次のために仕込んでおく。
小さな手間が、積み重なって、
美味しいねーと笑顔の時間が作れる。
有るものを新鮮なうちに
食べれるように回す。
素材の作られ方も、
愛情こもったもの
つまり
身体に毒になる可能性のあるものを
使っていないもの を選ぶ、
もしくは
作ってもらう。
それができれば、
意外と
食事の準備にかかる手間が減り、
本当の美味しさに辿り着ける。
そんな道を作ろう、
ほんとう を育てよう
そして、
有るものでご飯にしよう
おいしいを作ろう
元気を作ろう
ぴこ ♪ ぴこ ♪  ぴこまち (*^ー^)ノ♪  web拍手 by FC2 FC2 Blog Ranking

なんの花咲かせよう

こんなに大きくなったよ
毎日
毎日
ちょっとずつ大きくなったよ。
ひまわりの種を植えてくれた
そしてもうすぐ
固い蕾をほころばせはじめる。
ひまわりの種だから、ひまわりの花。
さあ、私はね、





続きを読む

web拍手 by FC2 FC2 Blog Ranking

ぼーっとしてよしよし

子育て時代、
子どもたちが
時間を最大限使っていないと
勿体ないように思ってた。
だから、
習い事をさせたり、
興味ありそうな本を置いたり、
紙と鉛筆を持ち歩いたりして、
いつも、子どもに
「何か」をさせていようとした。
でも
そうすると、
ただひたすら考えに頭を巡らせる時間は
無くなっちゃうよね。
訳もなく
ぼーーーっとしているその時間は
実は子供にとって
(いや、大人にとっても)
大切な必要な時間だったのかもしれない。
と、
今頃振り返って思うのです。




ぼーーっとする時間、
大事にしてみてください。
大人な人も、
そういう なんでもなさそうな時間を
意識的に
作ってみてください。
面白いアイデアがひらめくといいな


ぴこ ♪ ぴこ ♪  ぴこまち (*^ー^)ノ♪ 



web拍手 by FC2 FC2 Blog Ranking
sidetitleプロフィールsidetitle

pikomachi

Author:pikomachi
夢をつかまえに出かけよう。

えがお発信基地、
こころからの笑顔ひろがる。

暮らしや生き方で見えてきたことや楽にできる工夫が、役にたってくれたら嬉しいな。


日々感じていることや、次の世代に伝えてゆきたいことを綴りながら、みずみずしく健やかに暮らしてゆきたいな。

わくわくする気持ちを共有しましょう。

sidetitle最新記事sidetitle
Amazon内検索:

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleアクセスカウンターsidetitle
アクセス数:
現在の閲覧者数:
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR